« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月25日 (土)

『頑張れ浅田さん!』

ということで、こっそり応援バナーを作ってみたり。

小松メカのブログを読んだりすると、なかなかおいおい大丈夫なのかなーとか思ったりもしてしまいますが。ま、何事もやってみなけりゃ分からないさ。頑張れ浅田さん!
何も踏み出せないよりは、一歩でも半歩でも前に進もうとする人は手放しで応援したくなりますね。素敵な人です。
そして沖縄で目撃した浅田さんはベージュのハーフパンツ姿で、これまた新鮮でステキでした☆(笑)

それにしても私のかずおさん(「私の」言うな。笑)はどうするんでしょうか。アンカー戻るのかなあー。

後援会発足記念パーティも気になるけど、10日…日曜日だから無理できないことはないけど…いかんせん前日9日がね、私にとっては最大の勝負日なのでね…。
入れ替え戦で勝って残留決めて騒ぎ倒して魂抜けると思われるので、翌日10日は屍です多分(笑)。
なので、パーティは諦めましょう。自転車貯金もしなきゃね。

「EquipeAsada_support.gif」をダウンロード
http://sie.cocolog-nifty.com/EquipeAsada_support.gif

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月20日 (月)

別府フミ落書き

061120_fumi_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『情熱大陸』

061119jyonetsu_tairiku

↑昨夜は寝ぼけてたらしい…。
サヴォやんのリニューアルしたサイトは元々ファンクラブのサイトでした(苦笑)。
私のブックマークの勘違いだった…。
そして一応のオフィシャルサイトは以前のままでした(苦笑)。うーむ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月14日 (火)

ツール・ド・おきなわ06

これまた半ば強引に土曜日の休みをもらって、一泊二日で行ってきましたTdおきなわ。
ぶっちゃけこれは、見るより参加するイベント。それはなんとなく薄々分かってたんですが、でもとにかくレースもだけど、沖縄行ったことなかったから行きたかったんです!(笑)
いやあ、市民レーサーの皆さんが楽しそうでした。こりゃMUR師匠がハイになるのもわかるわ、みたいな。
土曜日に名護市に入ったら(実は伊丹から既にヘルメット姿のお兄さんが出発ゲートくぐるのを見かけたんですが。ヘルメット被ったままかい!って心の中で突っ込みつつ…)あちこちで試走してるサイクリストがいて、「うわーツールドおきなわだ〜!」って感じでした。いつも私はフィーリングの女です。“そんな感じ”でなんでも通します(苦笑)。

日曜のレースは“おはようレース”も甚だしい早朝7時スタート。それに合わせてスタート前から参加する選手や市民レーサーの方々は準備をしてでかけるわけなので、もう夜明け前からホテルの中はバタバタでした(笑)。会場から1km程度離れたホテルに泊まってたんですが、そこにもいっぱい参加者のみなさんが泊まってはって、廊下に愛車がずらっと…。朝、エレベータ降りるのも大変です。皆さん愛車を持って降りるから(苦笑)。
我々も4時半起きで支度して、スタート前から会場入り。正直純粋に観戦だけに来てる人はあんまりいなかった感じです。たいてい一般人でも参加者の応援の方とか、地元の人っぽく。
スタートはチャンピオンクラス200kmを先頭に、時間になったら順次どんどんいろんなクラスを送り出していきます。ぶっちゃけあわただしかったです。はい次ー、はい次ーみたいに、どんどん(笑)。
ちなみにチャンピオン200kmスタートの時、VANGの浅田監督も発見したんですが、浅田さん、スタート直後まだ選手がどんどん走ってる中を道路突っ切って何故か沿道にいた私たちの場所に飛び込んできはりました…。多分そこが抜けやすいと思ったんでしょうかどうなのか、いやしかし、じゃんじゃんスタートしてってる中を横切らないでください見てる方が怖いから〜(笑)!ジャパンカップの時も思ったんですが、なんか不思議な人だな浅田さん。多分この人も自転車の妖精だよきっと。
余談ですがスタートを連写でシャッターきってたらしい友人のカメラには、飛び込んでくる浅田さんのものすごいショットが激写されていました…(笑)。

そんなこんなでスタートした頃にはすっかり夜もあけ、それからはすることもないので一旦ホテル近くのファミレス(という名の沖縄オリジナルファーストフード店っぽい)で朝食を食べ、ゆっくりしてチェックアウトに戻りました。そうこうしているともう市民50kmとかの短いレースの皆さんがホテルに帰ってきはりました。9時とか9時半くらいにはもうほとんど終ってたみたいですね。
で、ホテルの部屋から下で自転車バラしてる方の作業をこっそり観察してみたり(笑。お勉強になりました)しつつ、ホテルを出てまた会場(市民会館)へ。
とりあえずまだチャンピオンクラスが帰ってこないので、そこでやってた小学生の一輪車スプリントレースを見てました。1時間くらい見てたんですが、気付いたら鎖骨のところが奇麗に襟ぐりの形に日焼けしてました…しまった…。
チャンピオンクラスの実況が時々放送で入るんですが、何kmのところ、トップ通過は何番、何選手。…という程度のもので、状況はほとんど現地にいるとわかりません。何が一番有効かって、携帯で見るくりりんライブ実況ブログが一番です!(笑)それでなんとなく逃げ集団の雰囲気とかを掴みつつ、11時を回ったのでゴール地点へ移動。
沿道の観戦者の数は正直国体より少ないくらいでした。みんなお母さんたちは一輪車に夢中だったり、参加者の人はホテルへ一旦帰ってたりでイマイチゴールの盛り上がりに欠ける感じでしたけど、帰ってくる選手はそりゃもう熱々です、ここにきてようやく実況が細かい状況を伝えてくれるようになり、どうやら先頭グループはVANGの宮澤・新城・清水選手対アイサンの別府・盛選手のガチンコ勝負に。これは盛り上がります。実況も新城選手を紹介する時に「地元・沖縄出身の!」ってちゃんと冠をつけてくれてましたし。
そんなだし、最後は新城くんを勝たせるのかなーと思ってたんですが、アジアツアーリーダージャージを守った形で宮澤選手の白いジャージが盛くんをかわしてトップでゴール!すぐに日本チャンピオンジャージの新城くんが入り、その後ろから清水さんが吠えながらガッツポーズでゴール。清水さんて、見た目の印象からもっとクールな感じだと勝手に思ってたんですが、熱い人だ。ていうか後からテキストライブなんかを見ると、中盤一人で逃げたりして完璧に仕事をこなした上での達成感、とかもあったんだろうなとか思います。すごいなあ、こういうのかっこいいなあ。
その後はあまり間をあけずアイサンやアンカーやマトリックスのジャージもゴール。その後トップから3分半遅れで福島兄弟やシマノの野寺さん廣瀬さんアンカーの田代選手など有力選手込みの集団もゴール。ラストは福島兄弟でゴールスプリントかましてました(笑)。兄ちゃんが刺し切ってた。
それから一人で戻ってきたのはミヤタスバルの増田選手。もともと最近私の中で気になる急上昇株な選手なので余計に気にしてたんですけども、一人で帰ってきたその姿はなんだかむちゃくちゃカッコよかったです。
本人の日記を見た感じではいろいろあって悔しいところもあるみたいですが、それでもやり切った感が伝わってきてカッコよかったよ。ますます要チェックです。来期も楽しみ。
…という感じで、後は市民長距離の方やジュニアの先頭が続々と帰ってきて、ゼッケンの色を確かめないと誰がどのカテゴリなのかどういう順位なのか全くもって分からない風になりつつ(笑)。しばらく見てたんですけど最後までは見ないでゴール地点から離れました。
結局スタートとゴールしか見られていないので、レース自体がどういう展開だったのかは全く分からないんですが、これはこれでどういう雰囲気なのかわかったのでよかったということで。今年は詳細がいまいち分かりづらいから申し込みしなかった観戦バスツアー、次の機会があったら乗ってみるかな。ダムのとこの登り見てみたいもんなー。

と、まあ、ダラダラ書いてしまいましたが。
だってまだどこも写真あがってないんだもん、印象的なシーンを描こうと思って待ってるのに〜(苦笑)。ま、それなら自分で写真撮ってこいや、ってハナシなんですが、レース中はなるべく肉眼でしっかり見たい派なので。カメラもコンパクトカメラなので手ブレしやすいし、そんな理由で撮ってません。
そのかわり、パラダイスオブおきな〜わ☆な砂浜でおくつろぎください(笑)。
いやあ〜楽園だった〜!
061112okinawa

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 6日 (月)

サイクルモード06幕張

06116cyclemode
連休なので3日半日かけて昼行高速バスで上京しました。今回は中央道経由。梅田を11:40に出て、新宿に20:20着ですよ、ほぼ9時間コース。でも秋の中央道は楽しいです。遠くに霞む南アルプス?の山並みや真っ赤に色づいた林檎畑、飯田の町も通りました。周囲を山に囲まれた静かないい雰囲気の町ですね。
ちなみに昼バス東海道コースは途中、高速の脇に桜が群生している場所があって、春に通ったら桜吹雪がすごくてこれもよかったです。東海道も中央道もどっちも違った風情があって好き。まあ、バスの旅はよっぽど時間に余裕がない限りやらないけど(苦笑)。
そんなこんなで、中央線沿いの友人のうちへ2泊させてもらって幕張へ通いました。土曜の朝10時過ぎに着いたんですけど、その時点で人いっぱい、熱気むんむん。すっごい暑かったです。そして勿論試乗車待ちの列があちこちのブースにずらっと…。
今回は試乗はナシのつもりで行ったので(ブーツにスカートだし)そんな列を横目に見ながらあちこちぐるぐる見て回りました。ナマ自転車いっぱいだよ…!的にテンション上がる。(いつまで素人なんだ)
ブースに展示してあるのもですが、試乗に行く人が押してる自転車をすれ違いざま間近で凝視したり。ビアンキなんかはやっぱり人気で、曰く30台くらい持ってきてたのに全部試乗に出払ってしまったとか。いやー、展示用にひと通りは残しておいてほしかったよ(苦笑)。パンフレットは有料なだけあってかっこよかったですが(全ページシルバーメタル刷!)
TREKの試乗列もすごかったなあ。あと、ケルビムのフルオーダーの女性向きバイクが展示してあって、小さくてかわいかったです。多分私が乗るとしたらサイズはあれくらいだ…。かわいかったといえば、コルナゴのお手頃価格クロス。emかな、これも女性向きタイプでピンクカラーが展示してありました。
…でも最近思うんですが、なんでどこもあちこちにロゴ入れるんですかね、ブランドロゴなんて、トップチューブかダウンチューブにひとつだけ入ってるのがかっこいいのに。このコルナゴにしても、もうフレームに空きスペースがあればどこでも入れたるわ!的に4・5カ所入ってて…なんかなあ〜。TREKくらいのシンプルさがいいです。ただ見た目的に好みの問題です(笑)。

まあそんなこともいいとして。合間合間にステージやバッソのサイン会覗いてみたりしつつ、シマノのブースへ行ってみたら、あら、ホントにいらっしゃるわ狩野・土井・品川各選手。それから地味にアンカーブースでVANGのかずおさんを発見。どう見ても社員さん風です。そんな所が素敵よ、かずおさん(笑)。別府匠選手が登りのレクチャーしてたのはどこのブースだったかな。あと、ウロウロしてたらリクイガス中野さんを目撃しました。普通に(笑)。
見るつもりだったのに見逃したもの:VANGのトークショー(バッソ列中だった)。真理さんのJツアー表彰式(てっきりステージでやるんだと思ってた)。あー残念。
でもいろいろと楽しかったです。パンフもあちこちで貰ってきたし。満足満足。

しかし。実はこの連休私はタイミング悪く風邪をひいてしまってて。ていうか、3日のバスで風邪ひいた。空調が寒かったわけじゃないんですけど、やたら乾燥しててバス降りたらもう喉がガラガラで。そんな中で誰かのウイルスを貰ってしまったんだと思います、そして4日に更に人ごみと熱気にまみれ悪化させ、5日はちょっと時折朦朧としてました、がしかし、フミ見る為に頑張った!(笑)。
頑張ったがしかし。帰りの新幹線ではとめどなく溢れる鼻水に一睡もできず、今日月曜はものすごい鼻声で会社で笑われる始末。そして夜はまた発熱してます。まあ微熱だから大丈夫なんですけど。
いやもう、今週末沖縄までになんとしてでも治さねば!治すよ!意地でも!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 1日 (水)

ダウンヒルバカ、未遂。

10/23のエントリに書きました、サヴォルデッリが出場するマリブの命知らずのダウンヒルレースRed Bull Road Rage。
なんとまあ、火事でレース中止だそうで。
ええええぇぇ〜!!
がっくり。
そっか…まあ、仕方ないかー。あっちの山火事?は規模が凄そうだし。でも当日までに完全に鎮火して安全確認できたら、またやったりしないのかな?焼けた山肌を駆け下りる絵づらもこれまたエグいっぽそうだけど…(苦笑)。

全く関係ない話題ですが、バッソ王子がお越し下さるというのならバスで8時間かけて上京いたしますわよサイクルモード(笑)。
連休だから土曜を半ば強引に休みにしてもらったので、土日行ってきたいと思います。大阪の日は沖縄で行けないし。
そんなこんなで、こうやってあちこち移動ばっかりしてるから全然自転車貯金ができないんですが。いやだって、自転車はいつでも(!?)買えるけど、レース(や、イベント)はその時一瞬一回きりのもんじゃないですか。この目で見て体感したいわけですよ。そういう生き方ですよ(笑)。
でも自転車も欲しい。人生なかなか難しい(笑。大げさな)。
ま、買ったとしてもブイブイ乗り回すほどの時間もないので、せめてうちから万博へ行くアウェイゲームの時に乗って行きたいなという程度ですが。四面楚歌なバスを横目に坂を登るよ!フラッグケース背負って(笑)。←夢。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »