« March 2006 | Main | August 2006 »

魅惑の4-1-4-1

プラス思考でいきましょう、去る広島戦。

また記録更新してしまった開始8秒被ゴールの件。あれは寿人だから起こり得た感じですね。当たり前なんだけど、笛が鳴ったその瞬間からもう一度鳴るまで、1秒たりとも気を許しちゃ駄目ってことで。
天性のストライカーは1秒目からゴール狙ってるもんだ。普通そうだ。気ぃ抜くなよ。
あの8秒の間は(ちょうどアウェイ側のゴールに向かってくることもあって)寿人にボールが渡った瞬間からスローモーションで見えました(苦笑)。
かと言って、アレで目が覚めたぜ!!…というわけでもなく。
雨のピッチというのを差し引いても鈍い。鈍いよキミタチ!闘う気持ちが見えるの山田さんとブルーノだけだよ!残りのメンツお前らまとめて髪しばってこい!!
…的なね、なんとも歯がゆい前半でした。

んでもね、後半。ガラっとチームが変わった雰囲気があって、シンドリさんたちと「ハーフタイムに何があったんや!」言うてたんですけど。
試合後のコメントによると、ゲキ飛ばしてたみたいですねツカたん。普段は日曜日のパパだけど、ジャージ着ると眼鏡の奥は獣の瞳だぜツカたん!
そして雨のせいもあるのか、全然思ったようにつっかけられなくて調子狂ったままだったシャケに替えて後半からコケin。これもよかったね、久々に無駄走りするコケを見られました。
ま、クロスの精度はどっちもどっちですが…。ライン割るシャケより手前に落ちるコケのがまだマシ?(苦笑)。
コケは走ってナンボよ。中ばっかり気にして上がるか上がるまいか足踏みしてるばっかりじゃ、君の持ち味全く意味ないもんね。
山田さんとのコンビも面白い。これは熟成していくとものすごい武器になるかも。
とはいえ、ただただ感心するばっかりの山田さんのタフネスダイナマイト(なにそれ)。ホント、すごいわこの人。来てくれてありがとう。
だからこそサイドに置いておくのはもったいないなーという感じが…。真ん中で縦横無尽に“中盤制圧”してほしいですよね。
でもまあ、今回4バック右SBとはいえ、よく上がって中に突っ込んでってたので、これはこれでいいのかも、というような気もしないでもないです。
ネモちんのいた頃のような片側上がりぎみの変則4バックね(笑)。…でも左のゼが生きないのも勿体ないけどねー贅沢な悩みだねえ。
いっそ捨て身の2バックで。むしろ実際ほぼそんな形で。
で、中のブルーノさんとエゾ。エゾも後半よくなってた!アレ、アレが“危機察知能力”とかいうの? なんか見事ですよね、カバーリングというか、どこを抑えておけばボールが来る、ボールが奪えるというのが面白いほど分かってて、そこに必ず飛び込んでる。
エゾの完全復活も、これからのポジティブな材料。
それから、俺のトクさん'06ターボ!! まさにターボだよトクさん! いつもクールなトクさんの笑顔&ガッツポーズ&ジャンプ! 
モリシのこぼれ球に風のように飛び込んできたあの瞬間も、なんかスローモーションで見えました。今度は後半だから、またアウェイゴール裏目の前だしね。
願わくば古橋主将もあれくらいの動きが戻ってくればいいんだけど。なんかもう一息でふっ切れそうな感じはするけども、まだ壁にぶち当たったまんまというか、てゆーか、「またバーですか…!!」
そっちのが難しいからホント。も、バーでもポストでもいいから打てるだけ打ってけ。100本打てば何本かは入るでしょ!もうひと頑張り、踏んばれキャプテン。

…そんなこんなで結局ドローでしたが。ラストの怒濤の攻撃なんかは光が見えたような感じはする。布陣は変わっても結局攻撃システムは変わってないしね。
さて、次は京都。なんとなくこのままあんまりいじらないでいきそうな気はしますが。どうなることやら。


あー、えーっとゲーフラの件は、アレですよ、あの短期間でもあんなもん作りよるサポーターバカがいるんだってこと分かってもらえれば。それでいいの(笑)。

あと、姉さんチェック甘いぜ、試合前・ハーフタイム・試合後の、計 3 回 です(大笑)。ハーフタイムは素だったけど…。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

必ず咲きます。

コバコメ。

ツカたんコメ。

世間のソメイヨシノは散ったかもしれんが、うちの近所の公園はこれからが見頃なんじゃ。
しかも八重じゃ。ダイナミックにこれから咲き誇んねや。
060419_1060419_2


マジですよ。さあ、もう一度がんばろう。
コバ今までありがとうありがとう。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

続・メイキングオブゲーフラ

続って、前がいつだったか忘れるくらい前ですが。
しばらく何も書いてなかったですけども、まあ、特筆するようなこともなく、ということで…。

先日作ったゲーフラの途中経過をわりとマメに撮っていたので、また覚え書き程度に並べておこうかな、と。
今回は山田さんです。

前回(ふじもん)の時のように、下絵をちょいっとソフトで作って原寸でプリントアウト。
060413yamada0
それを裏からガムテで布に貼る。そして塗るのみ。

今回はピンクの布にモノトーンのみでの着色。絵の具の混色が少なくて楽っちゃーラク。
でも布の色が濃いので、下絵ごと窓に貼り、だいたいの目安になるアタリの線と拾う。(白と黒の線が入り交じっているのは気の迷いのせいです。試行錯誤した…)
左下のロゴは、先にマジックで縁取りをしておいたもの(半分しかしてないけど)。
060413yamada1

基本、やっぱり薄い色から塗っていきます。
ほとんど白に近いグレーをけっこう薄めて(薄色だとムラがあんまり目立たないし、どうせ上から重ねていくので)ザクザク塗る。
あんまりべったり塗りすぎるとなんとなく不安になるので(笑)先にイメージを掴みやすいように1ランク明るいハイライトの部分もちょっと塗っておく。
060413yamada2

後は徐々に濃い色を上から乗せていきます。パレット(コンビニのサラダカップが超便利)にどんどん黒絵の具を足していく。
下の明るいグレーが半乾きくらいなので、上から色を乗せた時、境界を水だけ含ませた筆で叩いてなじませたりする。アクリルガッシュはこういうのがわりと手軽にできます。
060413yamada3

どんどん色を乗せていきます。
060413yamada4

髪の部分はもう、下絵なんて見ちゃいません。適当です。
ここらへんはパレットに黒と白を並べておいて、布の上で混色してる感じ。
なんて言うんかな、ちょっと絵の具を多めに筆に乗せて、髪のカールの線を描く。んで、別色の絵の具で上からそこをなぞると布の上で色が混じってグラデっぽくさせると。で、水混ぜたり適当にストロークで伸ばしたりなじませたり。そんな感じです。感覚なので。
060413yamada5

あとは仕上げに、ちょっと離れた位置から見て、ポイントに白のハイライトを入れる。もうこれはなじませたりしないで、油彩的にベタっとざっくり塗る(笑)。
060413yamada6

翌日、改めて文字の部分も塗って、完成です。
060413yamada7

似てる似てないを考えたら手が止まります。そういうのはパッションでカバーです(笑)。山田さんだし!
途中、アキに似てきた時はどないしよ思ったけど(…)。
集中力が持つのはだいたい2時間が限度なので、勢いで2時間で仕上げます。これ基本。まあ、いつも夜中だし。


ということです。
いっぱい写真撮ってたけど、別にたいして目新しいこともないのでした(苦笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2006 | Main | August 2006 »