« まったくもう | Main | 必ず咲きます。 »

続・メイキングオブゲーフラ

続って、前がいつだったか忘れるくらい前ですが。
しばらく何も書いてなかったですけども、まあ、特筆するようなこともなく、ということで…。

先日作ったゲーフラの途中経過をわりとマメに撮っていたので、また覚え書き程度に並べておこうかな、と。
今回は山田さんです。

前回(ふじもん)の時のように、下絵をちょいっとソフトで作って原寸でプリントアウト。
060413yamada0
それを裏からガムテで布に貼る。そして塗るのみ。

今回はピンクの布にモノトーンのみでの着色。絵の具の混色が少なくて楽っちゃーラク。
でも布の色が濃いので、下絵ごと窓に貼り、だいたいの目安になるアタリの線と拾う。(白と黒の線が入り交じっているのは気の迷いのせいです。試行錯誤した…)
左下のロゴは、先にマジックで縁取りをしておいたもの(半分しかしてないけど)。
060413yamada1

基本、やっぱり薄い色から塗っていきます。
ほとんど白に近いグレーをけっこう薄めて(薄色だとムラがあんまり目立たないし、どうせ上から重ねていくので)ザクザク塗る。
あんまりべったり塗りすぎるとなんとなく不安になるので(笑)先にイメージを掴みやすいように1ランク明るいハイライトの部分もちょっと塗っておく。
060413yamada2

後は徐々に濃い色を上から乗せていきます。パレット(コンビニのサラダカップが超便利)にどんどん黒絵の具を足していく。
下の明るいグレーが半乾きくらいなので、上から色を乗せた時、境界を水だけ含ませた筆で叩いてなじませたりする。アクリルガッシュはこういうのがわりと手軽にできます。
060413yamada3

どんどん色を乗せていきます。
060413yamada4

髪の部分はもう、下絵なんて見ちゃいません。適当です。
ここらへんはパレットに黒と白を並べておいて、布の上で混色してる感じ。
なんて言うんかな、ちょっと絵の具を多めに筆に乗せて、髪のカールの線を描く。んで、別色の絵の具で上からそこをなぞると布の上で色が混じってグラデっぽくさせると。で、水混ぜたり適当にストロークで伸ばしたりなじませたり。そんな感じです。感覚なので。
060413yamada5

あとは仕上げに、ちょっと離れた位置から見て、ポイントに白のハイライトを入れる。もうこれはなじませたりしないで、油彩的にベタっとざっくり塗る(笑)。
060413yamada6

翌日、改めて文字の部分も塗って、完成です。
060413yamada7

似てる似てないを考えたら手が止まります。そういうのはパッションでカバーです(笑)。山田さんだし!
途中、アキに似てきた時はどないしよ思ったけど(…)。
集中力が持つのはだいたい2時間が限度なので、勢いで2時間で仕上げます。これ基本。まあ、いつも夜中だし。


ということです。
いっぱい写真撮ってたけど、別にたいして目新しいこともないのでした(苦笑)。

|

« まったくもう | Main | 必ず咲きます。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33660/9567569

Listed below are links to weblogs that reference 続・メイキングオブゲーフラ:

« まったくもう | Main | 必ず咲きます。 »