« メイキングファイナル | Main | ゲーフラ07・つなみのできるまで »

メイキング・リターンズ

…というほどのものでもないですが。
数夜かけて作ったアレフミ!ダンマクも無事、アピール(多分。笑)してきました。
ブリュイネル監督は愛想のいい人だ。
あと、プロトン待ちの間ダンマクは地面に広げてまったり座ってたら、リタイヤしてユラ〜っと目の前を通り過ぎていったディスカバの選手(ノバルだったのね…)が、めっちゃガン見して行きました(笑)。やっぱりパっと見、色の感じとかで「うちか!?」とか分かるんでしょうかね?でもフミだけど。
そんな感じで残り1周回、どんどん山から人が降りてくる最中に、くりらじご一行様に発見されました(笑)。見つけてくださってありがとうございました〜。
で、皆さんでフミダンマクと記念撮影〜!とかやってたら(チホさんの新ブログ参照)、プレスカメラにも撮られたり(笑)。あなたはどこの方(笑)。


ということで。
改めて今回のダンマクの詳細をメモっておきます。別にたいしたアレじゃありませんが。ていうか、手順なんかは今までと同じなんですが。

■材料
・天王寺ABCクラフトで一番安い綿ブロードの生地。(買いだめしてるので単価は忘れました。笑)
・絵の具はターナーのアクリルガッシュ。一部、下地用のジェッソを白絵の具代わりに使用。
・元画像はフミのオフィシャルサイトより、アヤーノさん撮影のオットコマエなやつセレクト。その他に今年バージョンのヘルメットやジャージが映ってる写真をいくつか集めて脳内合成。
■サイズ
90cm×200cm。だいたい。
■手順
・下絵用に画像を合成・配置、ロゴやバック含め、Illustratorで作成→出力。
・A3ノビで出力したので、12枚くらいをひたすら貼り合わせる。
・布にアイロンをかけ、両端を三つ折りにして縫う。(ミシンがないので相変わらず手縫い)
・四隅に紐も通せるようにハトメをうつ。
・布の裏から下絵をガムテで貼り、うっすら透かせた状態で塗り開始。
・塗りはじめたら不透明絵の具なので下絵はほとんど見えません。なので、あらかじめ出力しておいた縮小版下絵を手もとに置いて、そっちを参考に塗っていく。
・だいたい薄色→濃色の順。絵の具原色のままを直接塗って、絵柄の上で混色することが多いです。塗りながらなじませる。布の上なので絵の具が乾きにくく、次の色を乗せても下色となじませることができるんですよねー。
・完全に全部が乾いたら一気に裏の下絵をはがす。絵の具が染み出ててよくくっついてしまってます。布に紙が残ってることもしばしば…でも気にしない(笑)。
・余裕があれば、ここでもう一回アイロンをかけて皺やらノビ・縮みを直しておきます。
・かんせーい!

以上でっす!
今回サイズが大きかったので、私の部屋の床面積いっぱいだったよ…(苦笑)。なので、こっちの端で絵の具溶いて、しまった!あっちの端まで手が届かん!うおー、ぎりぎり届くか!?どうや!!…ってやってる間にボタっと白いところに絵の具落としてしまったりね…。
あと、実はメイキング途中に証拠写真が残ってしまってますが、ジャージの袖のイエローライン。ホントは左袖なのに、最初は右袖に塗ってしまってました。翌日上から修正しました。
ナショナルジャージの参考画像が逆向きの写真で、反転したやつをプリントアウトしてたので、うっかりその見たまんまを塗ってしまったという…。ロゴの入り方なんかは気をつけてたのに〜!

と、まあ、そんな感じです。
オマケ、↓部分拡大画像。こんな風にけっこう適当に塗ってます。離れて見ればわかんないじゃんという理屈です。
061024_1

も一つオマケ。
普段の活動内容です。いくつか…ていうか、いくつも、あります(大笑)。
『J's GOALスタジアムゲーフラ特集』より。
http://www.jsgoal.jp/news/00037000/00037359.html

|

« メイキングファイナル | Main | ゲーフラ07・つなみのできるまで »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33660/12402679

Listed below are links to weblogs that reference メイキング・リターンズ:

« メイキングファイナル | Main | ゲーフラ07・つなみのできるまで »